浮気・不倫の裁判内容

浮気・不倫の裁判とはどういうものか

不倫、浮気に関する裁判と言えば、通常、離婚調停か慰謝料請求、または、その両方という内容になるかと思います。

 

慰謝料請求も、不倫相手のみに請求する場合と、パートナーと不倫相手両方に求める場合があります。内容証明で相手が不貞行為を認めて慰謝料を払ってくれれば問題ありませんが、上手くいかないこともあります。そういったときに裁判ということになります。

 

まずは、離婚調停が得意な弁護士に相談し、調査会社や探偵事務所などに浮気・不倫調査を依頼して、それら行為の証拠を集めることになります。証拠があれば裁判を有利に進めることができるので、ここは特に力を入れるべきところです。

 

実際に裁判を起こした場合、慰謝料の請求は50万円から300万円になるケースが多いようです。ただ、慰謝料は心に対する損害分を請求することになりますので、実際のところはケースバイケースです。

 

⇒浮気調査で選ばれる探偵・興信所相談窓口一覧