浮気・不倫に関する法律

浮気・不倫の法律にはどんなものがあるの?

日本の法律において、浮気という単語は一度も出て来ません。法律上で浮気や不倫のような行いについては、「不貞行為」という書かれ方がされています。これは、民法770条に書かれています。しかし、その内容としては、配偶者以外と肉体関係を持つ場合というような書き方です。そのため、デート、メール・電話のやりとり、キスと言った行為は法的には不貞行為にはならないようです。

 

不貞行為と認められるには、ある程度継続的に肉体関係が認識されていることが条件になってきます。そのため、もしも、法的に離婚調停などを起こして賠償金などを請求しようと考えていらっしゃる方は、確実に不貞行為をパートナーがしているという確証を得てから行動することが鉄則です。

 

下記に浮気調査相談で人気の有名探偵社を口コミ評判・評価情報を基にしたランキングで紹介していますので、パートナーの行動に心当たりのある方は、一度、問い合わせてみることをオススメします。

 

⇒浮気調査で選ばれる探偵・興信所相談窓口一覧